English


英語

psychexp

PSYCHEXP
チュートリアル

系列位置効果課題をつくる カスタマイズ可能
系列位置効果課題をつくる step 1

STEP 1

系列位置効果の実験をPsychexpプロジェクトに加えてみましょう。

まず、Psychexpにログインしましょう。メニューから「新しいプロジェクト」をクリックしてください。

プロジェクト名を入力し「送信」を押します。(たとえば "PROJECT 1")

STEP 2

ダッシュボードの画面に戻ります。作成されたプロジェクトが表示されているので、「開く」ボタンを押します。

系列位置効果課題をつくる step 2
系列位置効果課題をつくる step 3

STEP 3

プロジェクトの「ホーム」画面が開きます。メニューから「プロジェクトの編集」ボタンを押すと、編集画面が開きます。

STEP 4

新規のプロジェクトには、デフォルトで、「単一選択」設問の入ったブロックが1つ挿入されています。

デフォルト・ブロックの後に、系列位置効果の実験を加えるには、まず「実験を追加」ボタンを押します。表示された一覧の中から「系列位置効果」を選択し、送信します。

系列位置効果課題をつくる step 4
系列位置効果課題をつくる step 5

STEP 5

系列位置効果の実験が挿入されます。デフォルトの手続きですぐに実施可能な状態になっています。

デフォルトの実験手続きの構造と、オリジナルな手続きにカスタマイズする方法を説明します。

実験手続き全体が「デフォルト・ブロック」と名付けられたブロックの中に含まれています。ブロックの名称は、右隣にある編集アイコン(えんぴつ型)を押すことで変更できます。

まず、実験手続きの初めに表示される教示文(テキストのみ)があります。教示文を変更したいときは、編集アイコン(えんぴつ型)を押してください。教示のページを増やしたいときは「テキストのみのページを追加」ボタンを押しましょう。

教示文に続いて、デフォルトの実験手続きとして20の刺激語がリストされています。編集アイコン(えんぴつ型)を押すことで、新たな刺激語に変更できます。「刺激を追加」ボタンや削除アイコン(ゴミ箱型)で数の増減もできます。

STEP 6

では、系列位置効果の実験のフロー(手続きの流れ)について説明しましょう。 フローは階層構造になっており、フロー・ブロック、下位フロー・ブロック、試行グループから成りたっています。各階層において、呈示順序のランダム化を設定できます。「設定」アイコン(歯車型)を押すと、ランダム化のオン/オフを変更できます(デフォルトではオンになっています)。

フロー・ブロック、下位フロー・ブロックはいくつでも追加でき、思いどおりに実験をデザインできます。

下位ブロック内には、試行ブロックをいくつでも追加できます。

各試行ブロックにおいて、いずれのカテゴリの刺激が呈示されるかを選択します。

各試行ブロックにおいて、記銘フェーズと再生フェーズのあいだに妨害課題を加えるか否かを選択します。

デフォルトの手続きでは、試行グループ1において10の刺激語が3000ミリ秒ずつ順に呈示されます。「設定」アイコン(歯車型)を押すと、各試行ブロックの設定を変更できます。

設定において、記銘フェーズにおける刺激語の呈示時間の長さや、再生フェーズにおける回答制限時間の長さを変更できます。ここで制限時間を「0」に設定すると、回答時間は無制限になります。回答制限時間が付けられている場合は、回答画面の上部に残り時間を示すカウントダウン・ゲージが示され、制限時間に達すると自動的に次の画面に推移します。

試行グループにおいて、デフォルトでは妨害課題が設定されていません。したがって、記銘フェーズにおける刺激語の呈示が終わった直後に、再生フェーズの回答画面が表示されます。もし妨害課題を追加するなら、「妨害課題を追加」ボタンを押し、表示された一覧の中から選択します。

妨害課題には3種類が用意されています。妨害課題のプレビュー・ボタンを押すと、それぞれの手続きを試すことができます。

妨害課題1は、初めに表示された数字を覚えてから、次に表示されたテキスト欄に制限時間内に入力するという手続きです。数字のケタ数は、毎回1ずつ増えていきます。

妨害課題2では、初めに6桁の数字が表示され、そこからランダムな数を足し算/引き算することを求められます。

妨害課題3は、基本的に妨害課題1と同じ手続きですが、数字のケタ数が増えることはありません。毎回、設定で指定したケタ数の数字が表示されます。

実験の作成と設定がひととおり済んだら、「プレビュー」で手続きの流れを確認しましょう。ページ下部のボタンを押すか、スマートフォンやタブレットでQRコードを読み込むと、プレビュー画面が開きます。プレビューでは、参加者側と同じ画面の見え方・操作のしかたでお試し回答をすることができます。ただし、このときの回答はデータセットに記録されません。

系列位置効果課題をつくる step 6
系列位置効果課題をつくる step 7

STEP 7

実験ブロックの「設定」アイコン(歯車型)を押すと、以下の設定を変更できます。

  • テキスト刺激のフォントサイズ
  • テキスト刺激のフォント色
  • 画面背景の色
  • 結果ページの参加者への表示

STEP 8

実験の手続きの確認が済んだら、プロジェクト全体の流れを整えます。たとえば、実験の前後に設問を追加・編集・削除することができます。設問ブロックを足す場合には「ブロックの追加」ボタンを、実験を追加する場合は「実験を追加」ボタンを押します。実験や設問の組み合わせ方は自由自在です!

プロヒント: 設問ブロックや実験ブロックの順序を入れ替えるときには、ブロック上部にある移動アイコン(上下の矢印型)を押すだけで、簡単にできます

参加者に登録URLを配布する前に、メニューから「プロジェクトの設定」を押して、設定を確認・調整してください。

ここで設定できるのは以下の項目です:

  • ひとりあたりの参加は1回限り/複数回
  • Eメールによる参加登録が必要/不要
  • 実施期間の開始日・終了日
  • 位置情報の記録
  • 登録ページのロゴ
系列位置効果課題をつくる step 8
系列位置効果課題をつくる step 9

STEP 9

実験を実施するときには、メニューの中から「登録リンク・QRコード」のページにアクセスし、ここから得られたURLもしくはQRコードを参加者に配布することで、データ収集を開始することができます。

プロヒント: データ収集が開始された後は、「プロジェクトの編集」画面からプロジェクトに変更を加えることはできません。開始するまえに「プレビュー」機能を使って入念に手続きを確認してから、URL/QRコードを参加者に配付しましょう。

参加者から収集したデータを確認するには、メニューの中の「データセット」をクリックしてください。

データセットはExcelファイルとしてダウンロードできます。

より詳細な説明と、デフォルトの実験手続きの流れは、動画チュートリアルからご覧いただけます。

Psychexp ビデオ チュートリアル: 系列位置効果課題をつくる
「系列位置効果」のデフォルトの手続きは、以下の論文を参照しています。ただし、実験手続きや刺激語などに部分的変更が加えられています。Murdock, B. B., Jr. (1962). The serial position effect of free recall. Journal of Experimental Psychology, 64(5), 482–488. / Postman, L., & Phillips, L. W. (1965). Short-term temporal changes in free recall, Quarterly Journal of Experimental Psychology, 17(2), 132-138. 日本語の刺激語は、以下の論文を参照し、熟知度が3.50~4.99の範囲内の語を選択しています。小柳恭治・石川信一・大久保幸郎・石井栄助 (1959) 日本語三音節名詞の熟知価 心理学研究, 30, 357-365.