English


英語

psychexp

PSYCHEXP
チュートリアル

ストループ課題をつくる カスタマイズ可能
ストループ課題をつくる step 1

STEP 1

ストループ課題をPsychexpプロジェクトに加えてみましょう。

まず、Psychexpにログインしましょう。メニューから「新しいプロジェクト」をクリックしてください。

プロジェクト名を入力し「送信」を押します。(たとえば "PROJECT 1")

STEP 2

ダッシュボードの画面に戻ります。作成されたプロジェクトが表示されているので、「開く」ボタンを押します。

ストループ課題をつくる step 2
ストループ課題をつくる step 3

STEP 3

プロジェクトの「ホーム」画面が開きます。メニューから「プロジェクトの編集」ボタンを押すと、編集画面が開きます。

STEP 4

新規のプロジェクトには、デフォルトで、「単一選択」設問の入ったブロックが1つ挿入されています。

デフォルト・ブロックの後に、ストループ課題を加えるには、まず「実験を追加」ボタンを押します。表示された一覧の中から「ストループ課題」を選択し、送信します。

ストループ課題をつくる step 4
ストループ課題をつくる step 5

STEP 5

ストループ課題が挿入されます。デフォルトの手続きですぐに実施可能な状態になっています。

デフォルトの実験手続きの構造と、オリジナルな手続きにカスタマイズする方法を説明します。

実験手続き全体が「デフォルト・ブロック」と名付けられたブロックの中に含まれています。ブロックの名称は、右隣にある編集アイコン(えんぴつ型)を押すことで変更できます。

まず、実験手続きの初めに表示される教示文(テキストのみ)があります。教示文を変更したいときは、編集アイコン(えんぴつ型)を押してください。教示のページを増やしたいときは「テキストのみのページを追加」ボタンを押しましょう。

教示文に続いて、2つのセクションがあります。ひとつめは「表示色」、ふたつめは「刺激」のセクションです。

「表示色」のセクションでは、刺激語の表示色の種類(=画面上の回答ボタンのあらわす色)を、最大6種類まで指定できます。

「刺激」のセクションでは、デフォルトの刺激語が入っています。編集アイコン(えんぴつ型)を押すことで変更できますし、数の増減もできます。

STEP 6

ストループ課題のフロー(手続きの流れ)について説明しましょう。 フローは階層構造になっており、フロー・ブロック、下位フロー・ブロック、試行グループから成りたっています。各階層において、呈示順序のランダム化を設定できます。「設定」アイコン(歯車型)を押すと、ランダム化のオン/オフを変更できます(デフォルトではオンになっています)。

フロー・ブロック、下位フロー・ブロックはいくつでも追加でき、思いどおりに実験をデザインできます。

下位ブロック内には、試行ブロックをいくつでも追加できます。

各試行ブロックにおいて、いずれのカテゴリの刺激が呈示されるかを選択します。

試行グループ1には、デフォルトとして、表示色と意味が一致した3種類の刺激(一致する単語)がふくまれます。回答のしかたの「練習」として設定されているため、平均反応時間の算出は行われません。

試行グループ2には、デフォルトとして、表示色と意味が一致しない3種類の刺激(不一致な単語)と、意味をもたない記号(非単語)1種類がふくまれます。これも「練習」の設定です。

試行グループ3には、一致する単語/不一致な単語/非単語がすべて入った12種類の刺激がふくまれます。「本番」として設定されているため、実験結果として、刺激の種類ごとに平均反応時間が算出されます。

各刺激について、一致する単語/不一致な単語/非単語の設定は手動で行われます。この設定が実験結果の計算のしかたに影響を及ぼしますので、ここで正しく設定しておくことが重要です。

試行グループの名称の下にある「設定」アイコン(歯車型)を押すと、設定を変更できます。

「反復の回数」とは、各刺激が何回ずつ表示されるかを指します。もし試行グループ3において反復の回数を2に設定した場合、12の刺激が2回ずつ表示されるため、合計24回の試行数となります。

「刺激間間隔」とは、ある刺激の呈示終了と次の刺激の呈示開始までのあいだの空白画面の表示時間を指します。「フィードバック呈示時間」とは、各刺激に対するボタン押しの回答が正解か不正解かを知らせるための〇×の表示時間を指します。これを「0」に設定すると、フィードバックは非表示になります。

実験の作成と設定がひととおり済んだら、「プレビュー」で手続きの流れを確認しましょう。ページ下部のボタンを押すか、スマートフォンやタブレットでQRコードを読み込むと、プレビュー画面が開きます。プレビューでは、参加者側と同じ画面の見え方・操作のしかたでお試し回答をすることができます。ただし、このときの回答はデータセットに記録されません。

ストループ課題をつくる step 6
ストループ課題をつくる step 7

STEP 7

実験ブロックの「設定」アイコン(歯車型)を押すと、以下の設定を変更できます。

  • テキスト刺激のフォントサイズ
  • テキスト刺激のフォント色
  • 画面背景の色
  • 結果ページの参加者への表示

STEP 8

実験の手続きの確認が済んだら、プロジェクト全体の流れを整えます。たとえば、実験の前後に設問を追加・編集・削除することができます。設問ブロックを足す場合には「ブロックの追加」ボタンを、実験を追加する場合は「実験を追加」ボタンを押します。実験や設問の組み合わせ方は自由自在です!

プロヒント: 設問ブロックや実験ブロックの順序を入れ替えるときには、ブロック上部にある移動アイコン(上下の矢印型)を押すだけで、簡単にできます

参加者に登録URLを配布する前に、メニューから「プロジェクトの設定」を押して、設定を確認・調整してください。

ここで設定できるのは以下の項目です:

  • ひとりあたりの参加は1回限り/複数回
  • Eメールによる参加登録が必要/不要
  • 実施期間の開始日・終了日
  • 位置情報の記録
  • 登録ページのロゴ
ストループ課題をつくる step 8
ストループ課題をつくる step 9

STEP 9

実験を実施するときには、メニューの中から「登録リンク・QRコード」のページにアクセスし、ここから得られたURLもしくはQRコードを参加者に配布することで、データ収集を開始することができます。

プロヒント: データ収集が開始された後は、「プロジェクトの編集」画面からプロジェクトに変更を加えることはできません。開始するまえに「プレビュー」機能を使って入念に手続きを確認してから、URL/QRコードを参加者に配付しましょう。

参加者から収集したデータを確認するには、メニューの中の「データセット」をクリックしてください。

データセットはExcelファイルとしてダウンロードできます。

より詳細な説明と、デフォルトの実験手続きの流れは、動画チュートリアルからご覧いただけます。

Psychexp ビデオ チュートリアル: ストループ課題をつくる
「ストループ課題」のデフォルトの手続きは、以下の論文を参照しています。ただし、実験手続きや刺激語などに部分的変更が加えられています。 Stroop, J. R. (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of Experimental Psychology, 18(6), 643–662.