English


英語

psychexp

PSYCHEXP
チュートリアル

クラス管理 - グループ管理 - ポートフォリオ管理 Psychexp 心理学実験の教育用ツール
overview 1

クラス管理 1

クラス管理では、受講生をクラスに登録し、そのクラスにプロジェクトを割り当てることができます。
クラスの学生は、そのクラスに割り当てられたプロジェクトに、受講生用ダッシュボードからアクセスできます。

新規のクラスを作成する場合は、クラス名を入力し、「送信」をクリックしてください。

クラスを作成したら、「開く」をクリックして、クラスのホーム画面へ移動してください。

Class Admin 1
Class Admin 2

クラス管理 2

クラスのホーム画面には、「プロジェクト」と「クラスメンバー」の2つのセクションが表示されます。

クラスメンバーのところで「受講生を追加」ボタンをクリックし、クラスに追加したい受講生のメールアドレスを追加します。

受講生を追加すると、「名前 / 認証済み」欄に各受講生用ダッシュボードの現在のステータスが表示されます。

: 受講生が以前に受講生用ダッシュボードにログインしたことがある場合
: 受講生が以前に受講生用ダッシュボードにログインしていない場合
表示される名前: 受講生が学生用ダッシュボードのアカウント設定ページで名前を更新した場合

受講生が受講生用ダッシュボードにログインするためのURLは、「受講生を追加」ボタンの下に表示されます。 (https://psychexp.com/student/)

受講生をクラスに割り当てたら、次に、クラスに1つまたは複数のプロジェクトを割り当てることができます。

プロジェクトを追加するには、ドロップダウンリストからプロジェクトを選択し、「プロジェクトの追加」をクリックするだけです。

「新しいプロジェクトを追加」ボタンを押して作成し、「ダッシュボード」に表示された全てのプロジェクトが、このドロップダウンリストに表示されます。

「プロジェクト」セクションに追加されたプロジェクトは、このクラスのメンバーとして登録された受講生のダッシュボードに、自動的に表示されます。
受講生は表示されたプロジェクトの「開く」ボタンをクリックして、調査や実験に参加することができます。

プロヒント: プロジェクトの設定ページで登録開始日と終了日を設定すると、受講生用ダッシュボードにプロジェクトを表示しつつ、その調査や実験にアクセスできる期間を制限できます。開始日・終了日が設定されたプロジェクトは、期間外でも受講生用ダッシュボードに表示されますが、調査や実験に参加するリンクは指定された期間のみ有効です。

グループ管理 1

「グループ管理」画面では、「新規プロジェクトを追加」ボタンで作成するのと同じ種類のプロジェクトを作成できます。ただし、グループ管理画面でプロジェクトを作成すると、他の人を招待してプロジェクト編集等の協働作業ができます。

新規にグループ・プロジェクトを作成する場合は、グループ・プロジェクト名を入力し、「送信」をクリックしてください。

グループ・プロジェクトを作成したら、「開く」をクリックして、プロジェクトのホーム画面を開いてください。

Group Admin 1
Group Admin 2

グループ管理 2

グループのホーム画面では、まずグループのパスワードの項目が表示されます。

協働者がプロジェクトに初めてログインするとき、グループ・パスワードの入力が必要になります。グループ・プロジェクトの新規作成時には、パスワードとして4桁のランダムな数字が自動的に設定されます。このパスワードをそのまま継続使用しても構いませんし、必要に応じて更新することもできます。

プロジェクトに協働者を追加するには、「協働者を追加」ボタンをクリックし、メールアドレスを入力します。

協働者がプロジェクトにログインする方法は、協働者の種類によって異なります。

協働者が受講生の場合: 受講生用ダッシュボードからログインできます。 (https://psychexp.com/student/) 受講生用ログインからアクセスすると、各プロジェクトの「開く」ボタンや、プロジェクトを開くためのグループ・パスワードが表示されます(初回アクセス時のみ)。
協働者が受講生ではない場合: 個別のログインURLを送信する必要があります。協働者を選択し、「招待メールを送る」をクリックすると、Psychexpから招待メールを送信することができます。グループパスワードは送信されないので、別途通知する必要があります。

グループ・プロジェクトの編集は、通常のプロジェクトと同様に「プロジェクトを編集」ボタンをクリックすることで行います。プロジェクトの編集方法については、チュートリアル「はじめての方へ」をご覧ください。

ポートフォリオ管理 1

「ポートフォリオ管理」では、受講生が自己評価し、自身の学修成果を振り返るためのラーニング・ポートフォリオを作成することができます。

新規のラーニング・ポートフォリオを作成する場合は、ポートフォリオ名を入力し、「送信」をクリックしてください。

あるいは、インポート・ボタンをクリックしてラーニング・ポートフォリオのテンプレートをインポートし、必要に応じて編集することもできます。 標準的なテンプレートは、ルーブリック(評価基準表)にもとづいて自己評価し、評価の理由をコメントとして記入するという構成になっています。

ポートフォリオを作成したら、「開く」をクリックして、ポートフォリオのホーム画面に移動します。

portfolio admin 1
portfolio admin 2

ポートフォリオ管理 2

「ポートフォリオ・メンバー」セクションで「受講生を追加」ボタンをクリックして、ラーニング・ポートフォリオに取り組ませたい受講生のメールアドレスを追加してください。メンバーに追加された受講生は、各自の受講生用ダッシュボードからポートフォリオに入力できるようになります。

「ポートフォリオを編集」ボタンをクリックすることで、ポートフォリオを編集できます。編集方法については、チュートリアル「はじめての方へ」をご覧ください。